2019年11月19日(火)「ロームシアター京都」を視察

  • 2019.11.19 Tuesday
  • 17:53

cache_Messagep8817.jpg

 

本日(19日)、横浜市会芸術・文化議員懇談会で京都市にある「ロームシアター京都」を視察

させて頂きました。

 

IMG_8419.jpg

 

ロームシアター京都は、京都会館(1960年開館)の施設の老朽化が進み、舞台機能が近年の

興行ニーズに応えられていない状況の中で再整備し、2012年3月末をもって一旦閉館し、

2016年1月にロームシアター京都としてリニューアルオープンした施設です。

 

IMG_8426.jpg
  
【運営概要】
1.ネーミングライツ ローム株式会社 50年 52億5千万円 
2.運営者ついて  指定管理者 (公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団) 
3.貸館事業  2018年度実績  メインホール81%
  サウスホール80%  ノースホール72% 利用料金収入約3億33百万円  
4.自主事業 2018年度実績  31事業95公演 総入場者数57198名 
5.賑わいスペース事業  公募型プロポーサル方式による募集
[1]ブック&カフェ[2]レストラン
[3]キオスク[4]ギャラリー・ライブラリー 
(特徴として10年間の長期契約期間がある) 
【事業費】 110億円 (一般財源42億円 国費24億円 市債44億円)
【年間事業費】 9億円 (京都市4億円 利用料金収入3.3億円 他)
  

IMG_8433.jpg

 
今回、視察させて頂いたロームシアター京都は、文化芸術の創造・発信拠点として、文化芸術

都市・京都の名を高め、京都のまち全体の発展に寄与することを目指しています。

 

IMG_8444.jpg

 

舞台芸術公演が行われるホール以外に、賑わいを創出する新しい施設を備えることで、
これまでにない開かれた場が生まれ、「劇場のある空間」を中心として、人々の暮らしの
感覚と芸術とが相互に繋がり、京都に新しい「劇場文化」を形づくっています。
  

IMG_8445.jpg

 
“時代ごとの新しい価値を、これまで築いてきた古い価値の上に重ねていく” という、
リニューアルオープンに向けた想いは、建物の価値継承にとどまらず、ロームシアター京都で
行われる事業においても同様だそうです。
   

IMG_8472.jpg

 
 伝統の継承と新たな創造を続ける文化芸術都市・京都のまちづくりの理念にもつながるもの

と言える。そうした考えに基づいて京都に新しい「劇場文化」を形づくるため、「創造」「育

成」「交流」「生活」の4つの要素を事業の柱としています。
それぞれが独立して行われるものではなく、各要素が循環して発展していく、有機的なサイクルを
生み出しています。
  

IMG_8503.jpg

 
大変参考となりました。 横浜市での文化・芸術政策の推進に活かしていきます。

 

JUGEMテーマ:京都

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM