2020年6月26日(金)本会議が開会

  • 2020.06.26 Friday
  • 18:48

 

本日(26日)本会議が開会され 公明党横浜市会議員団を代表して行田朝仁議員(青葉区)が

質問に立ちました。

 

【皆様の声をカタチに、小さな声を聴く力を大切に!】

これからも皆様の声を市政にしっかりと反映させて参ります。

 
以下、質問項目です。

 

令和2年第2回市会定例会 一般質問

 

1 新型コロナウイルス感染症対応の振り返り

 
(1)「新型コロナウイルス感染症対応の体制について振り返り、
       適切な司令塔のもと、第2波に万全の体制で備えるべき」
   と考えるがどうか?
(2)庁内の振り返りを踏まえた、第2波への備え
(3)新型コロナウイルス感染症対応における役割分担の整理    

  ア 宿泊療養施設の設置に係る役割分担の整理
  イ 「じっくりと腰を据えて今後に向けて感染症対策を振り返るべき」
     と考えるがどうか?

 

2 新型コロナウイルス感染症に係る本市における緊急支援策

 

(1)くらし・経済政策と今後の政策展開】
  ア 「基礎自治体として、市民や事業者の置かれた状況を
    踏まえた適時適切な対策を講じていくべき」と考えるがどうか?
  イ 新型コロナウイルス感染症が政策推進に与える影響の把握方法
  ウ 「市としての徹底した雇用対策が必要」と考えるがどうか?

 

3 新型コロナウイルス感染症に係る市民の暮らしを支える取組等

 

(1)新型コロナウイルス感染症対応下での介護施設への支援
  ア 「感染者等が発生した場合における判断基準や
     施設等の現状に合った対策を示すべき」と考えるがどうか?
  イ 「クラスターが発生した施設での対応状況を感染者が発生して
     いない施設に情報提供するべき」と考えるがどうか?
  ウ 「他施設に職員が応援に行くなど、施設間で相互に助け合うべき」
     と考えるがどうか?

(2)障害福祉サービス事業所等に対する支援
  ア コロナ禍における障害福祉サービス事業所の状況認識
  イ 「新たな生活様式を踏まえた障害福祉サービスの提供に対する
     支援を行うべき」と考えるがどうか?
(3)子ども・家庭への支援
  ア LINE相談の実施にあたり、期待する効果と意気込み
  イ 「子どもの貧困対策をより一層拡充していくべき」と考えるがどうか?
(4)認知症対策
  ア 認知症基本法案成立を見据えた、認知症施策の方向性
  イ 認知症疾患医療センター5か所の追加に向けた取組状況
(5)「けんしん」の広報
  「けんしん受診の不安を和らげるため、新型コロナウイルス
   感染予防の正しい情報を発信することが重要」と考えるがどうか?

 

4 ICTの活用による教育機会の確保

 

(1)ICTの活用に向けた家庭での環境整備
(2)ICTを活用した家庭学習への支援

 

5 ICTの活用による本市の業務改革

 

(1)業務改革の推進    
 「テレワークやWEB会議などの環境整備を積極的に推し進めていくべき」

  と考えるがどうか?
(2)業務改革に伴う柔軟な人員配置
  ア 「ICTの活用による業務の効率化で生み出した人員を、
    災害対応等必要な分野に振り向けていくべき」と考えるがどうか?
  イ 「平時から緊急時を想定した人員体制を確保し、いざというときに
     速やかに体制を切り替えられるようにすべき」と考えるがどうか?

 

6 市民の安全・安心に向けた取組

 

(1)大災害を想定した準備(地震・風水害対策)
  ア 「災害時の協力協定が有効に機能するか改めて検証・確認をすべき」

    と考えるがどうか?
  イ 「市民の皆様に避難行動を事前に検討していだくように働きかけ ることが重要」

    と考えるがどうか?
  ウ 災害時におけるトイレ対策の考え方
  エ 災害時の廃棄物処理の進め方
(2)今後の防犯対策事業の進め方

 

7 現業職員等の暑さ対策

 

(1)交通局の現場職員及びバス・地下鉄のお客様への暑さ対策
(2)収集職員の暑さ対策
(3)学校給食調理員の暑さ対策

 

8 本市の将来を見据えた取組

 

(1)多様な地域交通
  ア 高齢者の移動支援の実現に向けた地域の取組
  イ 「地域交通の充実に向け、様々な交通サービスを活用して取り組むべき」

    と考えるがどうか?
(2)外国人の活躍支援
  ア 外国人材の受入・共生に向けた本市のこれまでの取組への評価
  イ 「総合的な視点から外国人支援の体制を一層強化すべき」と考えるがどうか?
(3)都市間の連携を通じた国際平和への貢献
  ア 横浜大空襲の犠牲者への思いを踏まえた国際平和への決意
  イ 「市民の平和で安心な生活と国際平和に寄与するためにも海外都市との

    連携を一層推進すべき」と考えるがどうか?

 

JUGEMテーマ:公明党

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM