2020年9月17日(木)【タウンニュースに掲載】コロナ禍での避難所の在り方 質疑

  • 2020.09.17 Thursday
  • 11:40

  

2020年9月17日(木)【タウンニュースに掲載】

コロナ禍での避難所の在り方 質疑

 

 私は9月8日、党を代表して市会一般質問の場に立ち、市政の重要課題18項目・37の質問を

林市長を始め、行政に行いました。
 
WiFi整備進言

 

 9月上旬、九州地方を襲った大型台風。同規模程度の台風は横浜にいつ来てもおかしくない

状況です。「避難とは難を逃れること」であり、必ずしも避難所に行くことではありません。

コロナ感染リスクを考慮し、ご自宅で安全が確保できる場合には在宅避難を、難しい場合でも、

可能な場合は親戚や知人の家等へ避難する「分散避難」を皆様に改めて周知広報する必要がある

と訴えました。その上で求められるのは避難所での感染症対策。福祉避難所を含め、感染症予防

に必要な資機材の整備は進んでいるものの、一層の充実化を図るべき。また、避難者が適宜災害

情報を取得できる環境整備も重要で、避難所のWiFi整備は急務。平原副市長に指摘したとこ

ろ、「環境を確保する」と同意を得ました。避難所となる学校などは、ペットと同行避難してく

る方々も多いはず。誰もが安心して生活ができる場となるよう重ねて要請しました。
 
空家対策、条例化へ

 

 次に、私も地域からご相談を受けることが多い空家等への対策を質問。市では「第2期横浜市

空家等対策計画」に基づき、管理不全な空家等への対策を強化しています。わが党は危機管理の

観点からこの件を以前から注視、市長へ対策を求めてきました。今回、屋根瓦の落下などにより、

歩行者や地域住民の安全を脅かす危険な箇所がある場合は、「緊急撤去もできる条例を今年度中

に定める」との答弁を得ました。
 
中学校給食が実現

 

 私たちがお約束してきた、デリバリー型の「横浜型中学校給食」が実現します。現在のハマ弁

と大きな仕組みは変りませんが、「学校給食法」に則った提供となります。保護者の負担額の

軽減見直しを図りながらも、給食の質は維持して行きます。市長は「『中学校給食』の実施は

意義深い。横浜ならではの給食を実現していく」と強い決意を示しました。

 

JUGEMテーマ:横浜

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM